”希望のために・・・”

希望のために

扉はいつも

開けておきましょう

ー1926年7月8日生まれ エリザベス・キューブラー・ロス(医師)

365日 名言の旅(ライツ社)より

スイスに生まれ アメリカで精神科医として活躍

「死と死ぬこと」をテーマに研究していて

「キューブラー=ロスモデル』を提唱している

「死の受容のプロセス」として

否認→怒り→取引→抑うつ→受容 というプロセスをたどるとしている

(すべての人がこのプロセスをたどるわけではない とも言っている)

私もアロマテラピーの勉強の過程で先生に勧められ

『ライフ・レッスン』を随分前に読んでいます

これは「生きること」「生きることの本質」「死とはどういうことか」

「受入れるとはどういうことか」が書かれています

前出の『キューブラー=ロスモデル』は何も死だけでなく

色々な苦難に置き換えられます

決してツラい本ではなく

充実した人生を送るためにも読んでおいても良いと思います

興味のある方はどうぞ お貸ししますよ~

 

関連記事

  1. ”みんなに・・・”

  2. ”雑草のように・・・”

  3. ”ほかのだれか・・・”

  4. ”ほんとうに・・・”

  5. ”我々は・・・”

  6. ”たとえどんなに小さくても・・・”