精油で蚊よけが出来るのか?

夏になると話題にのぼる『蚊』

外での作業が必要な人には重要な問題です!

蚊がよってくるのは何故?

蚊が寄ってくる原因は

  1. 二酸化炭素
  2. 人間が出す揮発性物質
  3. 人間の体温
  4. 黒色によってくる

これらに反応しているらしいです

呼吸しているので二酸化炭素をとめることはできませんよね~

精油が蚊よけになるのか?

精油が『蚊よけ』になるといわれている理由は、成分にあります

  1. アルコール類の『ゲラニオール』
  2. アルコール類の『シトロネロール』
  3. アルデヒド類の『シトロネラール』

が『蚊よけ』成分として広く知られています

『蚊』が苦手な香りといったところでしょうか

色々な実験

『レモングラス精油』と『シトロネラ精油』が蚊が嫌うかを実験。10%濃度溶液を肌に塗布したところ、有効であった。30分後の忌避率は『レモングラス精油』で24.4%~95.5%、『シトロネラ精油』で12%~58%であった。

但し、『レモングラス精油』『シトロネラ精油』ともに皮膚刺激がある精油とされています。使用については、パッチテストをしたり、肌が弱い人は濃度を調整して使ってください。

AEAJの実験2017/5/31のNews Letterより

アルコール・DEET・ホーリーバジル精油で実験。DEETとホーリーバジル精油(20%濃度)は6時間後も忌避効果が続いた。

実験結果の詳細はこちらから

AEAJ アロマサイエンス研究所 実験より

シトロネラ精油はゲラニオールを20%以上含有するため、最大皮膚使用量を18.2%とすることを推奨する。

『精油の安全性ガイド 第二版』より

上記からわかることは、20%くらいの濃度だと『蚊』がよってこないということですね

でも私たちは基本的に精油の濃度は1%で使用しているので、いきなり20%といわれると驚きますよね~

実際に使っている方法をご紹介します

使える精油はどれ?

『蚊よけ』に使える精油として『レモングラス精油』『シトロネラ精油』ですね

この他に私は『ユーカリシトリオドラ精油』(ユーカリレモンともいわれます)も使ってみました、

『ホーリーバジル精油』は私自身が使ったことがないので、何とも言えないです

使用方法は『スプレー』です、基本は1%濃度ですが、この『蚊よけ』に限り2%くらいで使用しています

私が主に『蚊よけスプレー』を使う時は庭仕事するときです。本当に蚊がブンブン寄ってくるんですよ~

そこで完全防備した服装の上から『蚊よけスプレー』を使います。使った時と忘れた時では明らかな差があります。たとえ2%でも! 黒色によってくるのも本当!いつも明るめの靴下をはくのですが、黒色の靴下で水撒きをしていたら足の甲を刺されました・・・

今使っているのは『シトロネラ精油』で作ったスプレーです

濃度に関しては、ご自身の体質と相談の上、自己責任で決めてくださいね

作ってみたい方は下記の教室でも作れますので良ければどうぞ・・・

『蚊よけスプレー』を作りたいとお伝えくださいね!

ワンデー教室はこちらから

 

 

 

関連記事

  1. クリスマスの香り♪

  2. 花に「耳」がある!?

  3. 【最近の庭】ローズマリー・リビングストンデージー 他

  4. 【最近の庭】ゼラニウム・ラベンダー 他

  5. エタノール(アルコール)濃度をどう計算したらいいの?

  6. 精油考|グレープフルーツ