”「知る」ことは・・・”

1960年代に環境問題を取り上げたアメリカの生物学者

当時の農薬に使用されている化学物質の危険性を訴えた本を出版しています

「知る」ことは

「感じる」ことの半分も

重要ではありません

ー1907年5月27日生まれ レイチェル・カーソン(生物学者)

365日 名言の旅(ライツ社)より

本当にそう思います!

何に関しても

情報として「知っている」と、その事象を「感じること」の間には

とても大きな差があると思います

関連記事

  1. ”利己的な人は・・・”

  2. ”「着崩す」という・・・”

  3. ”忘れないで・・・”

  4. ”夢を持つだけ・・・”

  5. “小さなことを・・・”

  6. “わたしたちは・・・”