怒りの行間を読む

『道得三十棒 道不得三十棒』(いいうるもさんじゅうぼう いいえざるもさんじゅうぼう)

禅問答の問いに答えても警策で三十回叩き、答えなくても三十回叩く。

怒ってばかりの人がいるものです。しかし、その怒りの中身は一様ではないようです。文字通り”叱責”の時もあれば、”励まし”の時もある。もしかすると”誉めている”時もある。それを見極める【目】が必要です。行間を読む心の目ですね。カミナリ親父についても同じ事が言えるかもしれませんね。

禅ごよみ365日(誠文堂新光社)より

ここでは”怒り”となっていますが、どの感情でも同じ事がいえると思います

世の中の人全てが、素直に感情を表現できているわけではありませんよね

『察して行間を読みましょう』と言っています

でも世の中には、ここでいう『察して行間を読む』事が苦手な人だっているのです

その人に何度同じ方法で『察して』もらおうとしても無理です

素直に伝えましょう

その方が早いですし、誤解がなく済みます

関連記事

  1. ”「知る」ことは・・・”

  2. ”何年にもわたって・・・”

  3. ”きみが・・・”

  4. ”人生はまさに・・・”

  5. ”たとえ全世界が・・・”

  6. ”孤独とは・・・”