”いわゆる・・・”

いわゆる無垢なるものだけが

純潔なのではなくて

不正と 間違いと すべての汚れの中から

人間性の油で

それらの汚れを弾きとばしながら

生きていく

そこに純潔性があると思う

ー1899年2月13日生まれ 宮本百合子(作家)

365日 名言の旅(ライツ社)より

正しく生きようとする姿勢

と捉えました

皆さん どう思われますか?

 

 

関連記事

  1. ”たとえ醜い・・・”

  2. ”死を前にしたとき・・・”

  3. 自分に問いかけると 気づきに出会える

  4. “ゆっくりと・・・”

  5. “生きることで・・・”

  6. ”自分は・・・”