”目は目を・・・”

目は目を見ることができない

指は指をさすことができない

だれでも自分のことは

案外わからないものです

ー1805年4月2日生まれ ハンス・クリスチャン・アンデルセン(作家)

365日 名言の旅(ライツ社)より

他の人の中に自分を見ることがありますね

それが『イヤだな』と思うことだったりします

そうして自分を振り返ってみると

『好きな自分』に近づくかもしれません

 

関連記事

  1. ”世界は・・・”

  2. “あなたを・・・”

  3. “さまざまな・・・”

  4. ”希望のために・・・”

  5. ”人生は・・・”

  6. 苦労は輝く自分への助走|今週のコトバ