自分に問いかけると 気づきに出会える

『掬水月在手』(みずをきくすればつきてにあり)

真理は誰かに教えてもらうものではありません。自分の中にあるのですから、それに気づけばいいのです。そのためには自分に問いかけてみるのも、一つの方法です。その行動に打算はないか? 自分の心を偽っていないか? 人のためになるのか?自問は気付きに導いてくれます。たくさん たくさん気付きましょう。

禅ごよみ365日(誠文堂新光社)より

カウンセリングの場でも『答えはあなたの中にしかありませんので、私が解決することは難しいです』とよくお伝えします

『自問』の方法がよくわからない方もいらっしゃいます

『気づきを得た』けれど、どうしたいのか???迷子になる方もいらっしゃいます

そのお手伝いをカウンセリングでおこなっています

『答えは自分の中にある』

簡単なようで難しいことです

関連記事

  1. ”我々は・・・”

  2. “死のうと・・・”

  3. ”登る山の・・・”

  4. ”人間は・・・”

  5. “物事を・・・”

  6. “谷間からは・・・”