チャンスを活かすも、逃がすも、準備しだい

『春入千林処々花』(はるはせんりんにいるしょしょのはな)

春風が林のいたるところに吹き抜け、木々は芽吹いて花を咲かせている

チャンスは吹き抜ける春風のように、誰にでも平等に訪れます

それを掴んで活かせる人と見過ごしてしまう人がいる

違いはなんでしょう

木々のように栄養分をしっかり蓄える=実力をつけて準備をしているか?

心の準備も合わせてですね

やるべき事をしっかりやっておく、用意周到ということです

禅ごよみ365日(誠文堂新光社)より

ひとつチャンスを逃しても

凹んだりクサッってる暇はありません

今すぐ 栄養を蓄え準備しましょう

次のチャンスがやってきますよ!

関連記事

  1. ”私達の人生は・・・”

  2. ”人間はね・・・”

  3. ”これまでの・・・”

  4. “あのね・・・”

  5. ”行く手を・・・”

  6. ”昨日の不可能が・・・”