精油考|ユーカリグロブルス

精油名:ユーカリプタス・グロブルス

学名:Eucalyptus globulus

科名:フトモモ科

産地:オーストラリア

抽出部位:葉

抽出法:水蒸気蒸留法

オーストラリア原産のフトモモ科ユーカリは種類が多く、約600種類くらいあるらしいです。このユーカリグロブルスやユーカリラディアータ、ユーカリシトリオドラがよく聞く精油名だとおもいます。グロブルス種は一般的なユーカリです。ちなみにコアラが食べるユーカリはロブスタ、プンクタータ、カマルドレンシスといった約30種類なのだそう。

私はユーカリシトリオドラを育てていますが、購入して鉢に植え、少しほっておいたら1メートルくらいにあっという間に伸びてしまいビックリしました。本当に成長が早いです。今は途中で切って、芽が出始めています。

『ユーカリ精油』全般に含まれている、【1.8-シネオール】は別名『ユーカリプトール』と呼ばれ、スッキリした香りです。化粧品や食品に添加されています。

『ユーカリグロブルス精油』の代表的な使い方としては、【鼻詰まりの解消】、私も花粉症なのでユーカリで鼻通りをよくします。ペパーミント精油も使います。【痰をきって、呼吸をラクにする】ともいわれています。

【研究データ】

ユーカリブロブルス精油が、呼吸器や中耳に感染する細菌や、水膜炎や肺炎の原因となる細菌など、いくつかの細菌やウィルスへの活性を抑制することがわかりました。

AEAJ アロマテラピー検定 公式テキスト P120より

研究論文へはこちらをクリック

*皮膚刺激があるとされていますので肌への使用の際は濃度に注意しましょう

最大皮膚使用量を決定するためのデータが不足しているが、皮膚炎患者は1%以下で使用する方がよいであろう

『精油の安全性ガイド第二版』 著:ロバート・ティスランド&ロドニー・ヤング P661より

関連記事

  1. 精油考|クラリセージ

  2. 精油考|イランイラン

  3. ガットフォセのアロマテラピー|【2章】精油の分類

  4. 精油考|ベルガモット

  5. 部屋干し臭をどうにかしたい!|6月アロマの会

  6. 『アロマの日 2019』