”まね”は”本物”への一歩

『花弄香満衣』(はなをろうすればかおりころもにみつ)

花を摘んでいれば、いつの間にかその香りが衣に移る。よい師についていれば、知らぬうちに、その立ち居振る舞いが自分の身につく。

自分の周りに”素敵だな”と感じられる人いませんか?いたら、まねをしましょう。抵抗がありますか?素敵なこと、きれいなことはまねしたらいいのです。ずっと真似をつづけていたら、それが本物になります。自分のものになるのです。

禅ごよみ365日(誠文堂新光社)より

あるアーティストが言ってました「今ある音楽も昔の真似やアレンジだ」と

生まれてきた時から私達は誰かの真似をしてきています

親だったり先生だったり友達・先輩の・・・

誰かの真似をしても、全く同じにはなりません

そのエッセンスを取り入れて、あなたなりのスタイルが出来上がると思います

良いものを取り込んで、”好きな自分”を生きましょう

 

関連記事

  1. ”人は・・・”

  2. ”分別を・・・”

  3. ”人生とは・・・”

  4. ”わたしは・・・”

  5. ”生まれたところ・・・”

  6. 本来の自分を覆っているものを剝がしていく