弱さを認めることが心のメタボ解消の第一歩

『吾心似秋月』(わがこころはしゅうげつににたり)

自分の心は秋の清らかな月のようで、欠けている所がひとつもない

欠点をとても気にする人がいます。「どうして私は○○○なんだろう」と。心の本質は清らかで美しいのです。気になる欠点は塵や埃がついてしまったから。その自分を嘆くのではなく、認めるところから、塵や埃の払拭が始まります。

禅ごよみ365日(誠文堂新光社)より

自分が満月のように欠けているところがない!と思う人はそう多くはないと思いますが

自分に欠けているところがわかっているのなら

あと一歩です

それをどう解決していくかに取り掛かりましょう

関連記事

  1. ”世界は・・・”

  2. 一歩一歩の積み重ね

  3. ”行動したから・・・”

  4. ”人は花束のよう・・・”

  5. “疑う余地のない・・・”

  6. ”大切なのは・・・”