精油考|ユーカリラディアータ

精油名:ユーカリプタス・ラディアータ

学名:Eucalyptus radiata

科名:フトモモ科

産地:オーストラリア

抽出部位:葉

抽出法:水蒸気蒸留法

もう長い間 冬場の”風邪・インフルエンザ予防”にはこのユーカリプタス・ラディアータを使っています。『ユーカリプタス・ラディアータ』は”シネオール(オキサイド類)”と”α-テルピネオール(モノテルペンアルコール類)”の組み合わせによって『ユーカリプタス・グロブルス』(一般にいうユーカリです)より抗ウィルス作用が際立っています。我が家では乾燥を感じ始めると、玄関のディフューザーではこの『ユーカリプタス・ラディアータ』を焚いています。玄関から先には入れたくないのです、ウィルスを!

香りはスーッとしていて、呼吸がラクになるような印象を受けます。”オキサイド類”の1,8-シネオールを多く含んでいます。1,8-シネオールは風邪症状によくある”痰が絡む”に役立ちます。痰を切って、外に出しやすくしてくれます。そして加温・血行をうながしてくれるのも風邪症状があるときには嬉しいですね。”モノテルペンアルコール類”は免疫調整をしてくれます。内分泌系・循環器系・神経系を調和しストレス要因から免疫系を守ってくれるといわれています。

『ユーカリプタス・ラディアータ』は『ユーカリプタス・グロブルス』に含まれるモノテルペンケトン類を含んでいないので、作用が穏やかです。そのため小児にも使いやすいです(ただし、大人の使用量の半分の濃度にしましょう!)。

◆身体へ◆抗ウィルス作用が強いので、感染する前の予防に最適です。痰がでやすい人にも向いています。家族みんなで冬の感染症予防に使いましょう。あくまで予防・・・感染してしまったら精油では太刀打ちできません。

◆こころへ◆強壮作用をもっているので、気分を爽快にし生命力を呼び覚ますといわれています。集中力も高めてくれるように感じます。

◆オススメの使い方◆ディフューザーをお持ちなら、玄関など外部からのウィルスが拡がるのを防ぐために使ってみてください。外出する時はマスクの外側に『ユーカリプタス・ラディアータ』で作ったアロマスプレーを吹きかけて感染症の予防に!

寒くて縮こまってしまうこの時期ですが、『ユーカリプタス・ラディアータ』で元気に乗り切りましょう♪

【2020年2月19日 追記】

遅くなりました~

『ユーカリラディアータ精油を芳香浴に使用するとインフルエンザウィルスを抑制できる(完全に死滅ではないですよ)』

と私がお伝えするもとが・・・

植物精油の直接接触および芳香暴露の抗インフルエンザウイルス作用に関する研究

研究論文へのリンクです

興味ある方はご覧ください!

(使用濃度等の問題?疑問?が残りますが・・・私は1%で使っています)

 

関連記事

  1. 精油考|サンダルウッド

  2. 精油考|イランイラン

  3. 精油考|ローズマリー

  4. 水玉ボール|8月のアロマクラフト教室

  5. 5月5日 城西マルシェですよ~

  6. 精油考|ネロリ