これは更年期・更年期症状??

「更年期」とは、閉経の前後5年、約10年間の時期を指します。50歳すぎに閉経する人が大部分なので、一般的には45歳〜55歳くらいの時期が更年期にあたるといっていいでしょう。
更年期の症状が本格的に出始めるのはだいたい40代後半ぐらい。卵巣機能が落ちてきて月経が不順になり出してからですね。卵巣からの女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量は、40代半ばぐらいから目に見えて低下し、この女性ホルモンの減少が、月経不順や体調不良の原因になります。
40代後半ぐらいから、いわゆる不定愁訴がでてきて「これが更年期?」と実感する方も多いですね。

その不定愁訴には、ホットフラッシュ(のぼせ・異常発汗)、動悸、息切れ、冷え、頭痛、めまい、耳鳴り、不眠、肌の乾燥、ドライアイ、ドライマウス、便秘、下痢、疲れやすい、肩こり、腰痛、神経痛、頻尿、月経異常など多岐にわたります。

最後の月経から1年以上月経がなければ閉経と診断されます。日本人女性の平均閉経年齢は50〜51歳ぐらい。ただ、閉経年齢には個人差があります。

月経不順から閉経までの例(※個人差があります)
正常な月経周期

月経周期が短くなってくる

一部が無排卵月経になる

月経が2〜3ヵ月に1度になる

閉経(月経が1年以上ない状態)

「個人差がある」というのが実感です。そして不定愁訴の感じ方や日常生活の過ごし方も人それぞれです。症状が不快でストレスが大きくなるのであれば、何か策を講じたほうがよいと思います。

【更年期・更年期症状に役立つ精油】の記事

関連記事

  1. 水玉ボール|8月のアロマクラフト教室

  2. 精油考|ゼラニウム

  3. 5月5日 城西マルシェですよ~

  4. 更年期・更年期症状に役立つ精油

  5. 精油考|ジュニパーベリー

  6. 花に「耳」がある!?