木々に目をとめる

昨日・今日と快晴で桜の開花も進んでいるのでしょうね

『桜の花』はよく観察しますが

『木』自体はどんな感じかすぐに思い浮かびますか?

桜はよく観察している人も多いかもしれないので

『コデマリ』とかどうですか?

樹形、幹の高さ、枝の張り、葉っぱの色形

案外 見ているようで覚えていませんね

木々や草花は当たり前のように存在しています

私達の吐き出す二酸化炭素を吸収して

私達に不可欠な酸素を作り出しています

そして木々に集まる虫に鳥達が集まります

春は目にも耳にも私達を楽しませてくれます

人間の周りには多くの生命があります

自分の心が「自分が、自分が」と騒いで悩ましくなったら

心を開いて自分に繋がっている多くの生命を感じてみてください

何だか感謝の気持ちとか温かい何かが生まれるかもしれません

その時 心がほぐれていきます

信号待ちとか洗濯干している時とか

ほんの少しの時間で可能です

おススメです

関連記事

  1. 生きるのが大変だと感じている方へのファーストステップの教室で…

  2. 自分の役割って・・・

  3. ”大切なものを手に入れられなかった人ほど・・・”

  4. 否定しない

  5. 「寒い」や「暑い」の感覚に意識を向けると・・・

  6. 『誰かに話す』ということ