否定しない

”違う そうじゃなくて・・・”

”う~んと違うんだよね・・・”

と口をついて出てきていませんか?

ただ頷くだけ

誰に対しても、どんな出来事に対しても『否定しない』って出来ますか?

(もちろん 重大な間違いの場合はこの範疇ではありません)

実際に1日これを実践しようとすると【自分が常日頃、ネガティブで否定的な態度をとっている】事に気づかされます

すぐ反論しようとしてしまいます

私も以前は、反射的に何に対してもすぐ反論していました

反論する時、心とカラダはどのように反応するのでしょうか?

心は攻撃的になり、カラダは強張ります(緊張する)

その反論 本当に必要なのでしょうか?

習慣的(反射的)に人や物事に「NO」と言っていると

様々な選択(決断)をする時に、ポジティブに決定せず、イヤなことに背を向ける決定になりがちです

前向きな判断ではなく、ただの反応になってしまいます

もったいないですよね

カラダが緊張するだけエネルギーの浪費です

『否定しない』練習をしていると ある時

『否定しない』ことによって、自己中心的な視点を手放すことが出来ていることに気づきます

肯定的な反応をすることで、自分の内側に温かいモノ(エネルギー)が湧いてきます

心当たりのある方 是非練習してみてください

関連記事

  1. 生きるのが大変だと感じている方へのファーストステップの教室で…

  2. 話きいてなかったの? と イラッとすることありますか?

  3. ”大切なものを手に入れられなかった人ほど・・・”

  4. 『慢性肩こり』や『頭痛もち』の人達向けの教室です

  5. 自分の役割って・・・

  6. 『誰かに話す』ということ