からだの豆知識|【免疫】

鹿児島は晴れました

皆様 元気に朝を迎えられたでしょうか?

朝 ベッドから起きた瞬間から私達はウィルス、細菌、寄生虫、カビにさらされていることだろう。しかし【免疫】のおかげで、私達のからだは、このような外来の侵入者を撃退し、自身のからだを守ることができるのである。

銀行のハイテク・セキュリティーと同じように、私達のからだの免疫システムは多面的なものだ。第一の防衛ラインは『非特異的免疫(自然免疫)』と呼ばれるものである。侵入してくるすべての病原体を同じ方法で払いのける。この防衛ラインは皮膚や粘膜など、たくさんのメカニズムによって構成されている。《粘膜》は鼻などの表面を覆って小さな侵入粒子(ウィルスや細菌)を捕らえる。この第一の防衛ラインを突破されると第二の防御ライン《白血球》や《ナチュラルキラー細胞》などが押し寄せて援護、侵入者(ウィルスや細菌)を攻撃する。この過程で、身体の組織は炎症反応を起こし、血液が病変部に集まる。有害な粒子(ウィルスや細菌)を除去するため防御細胞や傷んだ細胞を修復する細胞を引き寄せる。その他に《体温上昇》も攻撃手段のひとつ。ウィルスや細胞は高温では増殖できないのである。

これとは別に精巧に調整されたいわば精鋭部隊『獲得免疫(特異的免疫)』がある。『獲得免疫』では特化した細胞が放出され、主に特定の病原体を攻撃するはたらきをする。通常 最初に病原体を確認した時に病原体の特徴を《抗原》として獲得。その後Tリンパ球(T細胞)と呼ばれる白血球は《抗原》をもとに効率よい武器《抗体》をつくって病原体を攻撃する。《抗体》は長期間、私達の身体の中に留まるので、再度同じ病原体が侵入してきたら武器である《抗体》によって病気になるのを防いでくれるのである。

ワクチンは基本的にこの免疫プロセスを使用している。【ワクチン接種】の記事はこちらから

  • 鼻水や痰には、免疫で戦って死んだ白血球が含まれている。
  • ストレスや睡眠不足・不規則な生活や食事・運動不足は免疫力を下げることがある。

『からだの教養365』文響社より(一部内容を書き換えています)

ここでは触れていませんが、アレルギー反応もこの免疫反応がちょっと過剰反応してしまったパターンです

健康でいること=免疫力を良好に保っていることと言っても過言ではありません

それにしても人間のカラダって精巧にできていますよね!

アロマテラピー的には『精油』を嗅ぐことで心身のバランスを整えて免疫アップにつなげていきたいですね!!

『ベルガモット精油で免疫アップ!』こちらの記事もどうぞ

関連記事

  1. からだの豆知識|抗体

  2. からだの豆知識|糖類

  3. からだの豆知識|大脳皮質

  4. からだの豆知識|ウィリス動脈輪

  5. からだの豆知識|白血球

  6. からだの豆知識|タンパク質