からだの豆知識|タンパク質

ここ数日 気温が高くて暑いくらいでしたね

タンパク質は、骨や筋肉、皮膚を作り・維持するために欠かせない栄養素である。私達は、肉・魚・乳製品・豆・ナッツなどの食物からタンパク質を摂取している。

私達が肉などの動物性食品から摂取するタンパク質は完全である。「完全である」とは、私達の身体が合成することのできないすべての『アミノ酸』を含んでいるということである。植物性のタンパク質は全てのアミノ酸を含んでいない。この私達が体内で合成することのできない『アミノ酸』は9種類ありこれらを『必須アミノ酸』という。

平均的な成人は、1日に50~65gのタンパク質を必要とする。この量は110gの肉とカップ1杯のカッテージチーズを食べるのに相当する。必須アミノ酸すべてを確実に摂取するためにも、バラエティ豊かな食物を食べるとよい。

たんぱく質を選ぶとき、1週間あたりの赤身肉の摂取は500g以下にし、豆・魚・鶏肉も食べるとよい。大豆や豆腐は週に2~4回くらい食べるとよい。

バランスのとれた炭水化物とタンパク質を食べるのが理想である。

肉や魚にはタンパク質と脂質が含まれるので、それを計算して1日、1週間の肉の分量が計算されている。

『からだの教養365』文響社より(一部内容を書き換えています)

タンパク質は食べるのにひと手間かけないといけない場合が多いですが、身体を維持するためには必須です。

中高年・高齢者もタンパク質は大切です。

タンパク質を食べて、適度な運動をして筋肉が衰えるのを防ぎましょう!

関連記事

  1. からだの豆知識|子宮

  2. からだの豆知識|抗体

  3. からだの豆知識|赤血球

  4. からだの豆知識|糖類

  5. からだの豆知識|大脳辺縁系

  6. からだの豆知識|【ワクチン接種】